ホームページをリニューアルしました!今後もより見やすいメディアを目指してまいります。今後もよろしくお願い致します!

埼玉県こども動物自然公園は最高の遊び場でした!園内の雰囲気やアクセス・料金もわかる!

こんにちは!管理人のなかさんです。

川越から行きやすい動物園はどこ?・・と探して、見つけたのが「埼玉県こども動物自然公園」

川越駅周辺からでも、高速道路を使用しなくても約40分で到着できるアクセスの良さ。

そして、広大な敷地にたくさんの動物

カピバラ温泉
カピバラ温泉。見てるだけで癒される〜。

たくさんの遊具・・。

こども自然動物公園のアスレチックフィールド
こども自然動物公園のアスレチックフィールド。たくさんあります。

広大な敷地を歩きながら動物を見ても楽しいし、アスレチックなどのアクティビティで遊んでも良し!

四季の花を見ながら歩くのもいいですね^^。1日では回りきれないほど、楽しみがたくさんある動物園でした!

動物好きな方も、家族でのお出かけ先を探している方でも楽しめるはずです^^。

この記事ではこんなことがわかります。

  • こども動物自然公園の雰囲気
  • アクセス
  • 料金
  • どんな動物たちがいるか?
  • 施設
  • アスレチックフィールドの雰囲気

たくさんの写真を載せているので「こども自然動物公園に行こうかな?」とお悩みでしたら、ぜひ参考にしていただければと思います!

目次

こども動物自然公園へのアクセス

車の場合

最寄りのインターチェンジは「東松山I.C」か「鶴ヶ島I.C」です。

インターチェンジを降りたら高坂駅方面に進み、彫刻通り・並木通りを進めば「こども動物自然公園」が見えてきます。

ちなみに、公式の駐車場は1日600円です。少し歩きますが、すぐ隣に500円の民間駐車場があるので少しでも節約する方はこちらもおすすめです。

今回訪問時、駐車場の待ちができていたので、ウチは民間駐車場を利用しました!

電車・バスの場合

東武東上線の高坂駅で降車します。

その後、鳩山ニュータウン行きバスに乗車してください。約5分で「こども動物自然公園」停留所に到着します!

こども動物自然公園の料金。年間パスポートがおすすめ

こども動物自然公園の料金はこちらです。

入園料金一人団体
大人(高校生以上)520円420円
小人(小・中学生)210円170円

小学校就学前の子は入園無料になります。

また、年間パスポートもあります。

こども動物自然公園の年間パスポート
年間パスポート
大人(高校生以上)1,560円
小人(小・中学生)640円
コバトン(65才以上)1,040円

年に3回以上利用する方は、年間パスポートを利用した方がお得です!

行われるイベントは?来園したらまずチェック!

こども動物自然公園の隣にイベント情報が載っているので、チェックしておきましょう!

こども動物自然公園のイベント情報

例えば、こんなイベントが行われています。

この日のイベント
  • カピバラ温泉
  • 足湯体験
  • ふれあい体験
  • 餌やり体験(ペンギン・ヤギ・ポニー)

数量が決まっているものが多いので、動物園に到着したらまずイベントを確認し、予約しに行くのがおすすめです!

マップを紹介。東京ドーム10個分の広さ!

こども動物自然公園のマップを紹介します。

伝わりますでしょうか?この広大な敷地・・!

こども自然動物公園のマップ

車で回りたいほど広いんです(汗)

ちなみに、広さは46ha。東京ドームが10個入るほどの敷地面積です!

全部回ろうとするとあまりにも広いので「彩ポッポ」という電車が走っていますよ〜。

彩ポッポ

1回200円で乗車可能。平日は300円のフリーパス券があります!

それでは、こども動物自然公園の動物たちを紹介しますね^^。

こども動物自然公園で出会える動物を紹介

こども動物自然公園は大きく分けて北園・東園に分かれており、それぞれ分けて紹介します!

北園

入り口近くで出会ったのはキリン。目の前で木の葉をムシャムシャ食べてくれます。

キリン
キリン。すっごく大きい〜!

キリンの隣には馬がいます。ポニーの乗馬体験もやっていますよ。

馬・ポニー
奥ではポニー乗馬体験も行なっています。

さらに奥に進むと、なかよしコーナーがあります。

うさぎやモルモットと触れ合えます〜^^。

なかよしコーナー
ふれあいコーナー。中にはうさぎやカラス・モルモットがいます。

隣には乳牛コーナーがあります。牛の乳搾り体験もできますよ。

牛舎があり、こちらにはたくさんの牛を間近で見れます。牛乳も売っているのがすごい・・!

牛舎の乳牛
牛舎の乳牛。牛の乳搾り体験もできます!

牛舎の隣には、大人気のマヌルヤマネコとヤマアラシがいます。

マヌルヤマネコ
大人気のマヌルヤマネコ。凛とした顔立ちですね!

隣には新しい施設のecoハウチューがあります。

ecoハウチュー

ecoハウチューにはハダカデバネズミやコウモリなど、間近で見れない動物を見れます。

可愛い動物から、見た目恐ろしい動物まで揃ってますよ〜。

ハダカデバネズミ
ハダカデバネズミ。小さくてとっても可愛い!
コウモリ
コウモリ。こんなに近くで見たのは初めてです。

ecoハウチューの隣にはペンギンヒルズがあります。

ペンギンヒルズ
ペンギンヒルズ。ペンギンが間近を歩きます・・!餌やりも見れますよ〜。

東園

東園でまず出会ったのはコアラ。

目の前でムシャムシャとユーカリを食べています。

コアラ
コアラ。寝ている姿も可愛い!

コアラ舎の奥にはカンガルーがいます。

カンガルー
カンガルー。放し飼いされていて、目の前を走ってくれる時もあり!

隣にはカピバラ・ワラビー広場があります。

ワラビーは放し飼いにされているので、近くまで来てくれることも!

寒い季節のカピバラは温泉に浸かっています^^。

カピバラ温泉
寒い季節はカピバラ温泉が行われています。可愛い〜〜〜。

こども動物自然公園では、こんなにたくさんの動物たちと出会えます。

放し飼いにされている動物も多いので、触れる距離にきてドキドキ・・!こんな動物園他には中々無いのではないでしょうか!!

こどもが遊べるスペース。たくさんあります!

北園に子供が遊べるスペースが用意されています。

冒険の森アスレチック

コアラ舎の目の前にアスレチックフィールド(冒険の森)が用意されています。

例えば、イタチのトンネル。

イタチのトンネル
イタチのトンネル。小さい子でもやりやすいアスレチック。ちなみにやっているのはウチの子です。
こども自然動物公園のアスレチックフィールド
アホウドリのスタート。小さい子供向けのアスレチックです。

こんな感じのアスレチックが21種類用意されています。

小学生以上が推奨されていますが、2才のウチの下の子でも遊べる遊具が多いです。小さい子でも安心して来てください〜^^。

ピクニック広場

ピクニック広場は、冒険の森アスレチックの隣にあります。

大きい滑り台もありますよ〜!

ピクニック広場
ピクニック広場。ボールで遊んでいる子も多いです^^。
こども動物自然公園のコバトン滑り台
コバトン滑り台。かなり大きいです。

じゃぶじゃぶ池

夏期になると、下の写真のスペースに水が張られ「じゃぶじゃぶ池」になります!

じゃぶじゃぶ池
じゃぶじゃぶ池。夏の水遊びは最高です!

水着を用意してきて遊んでいる方も多いです^^。

こどもの城

こども動物自然公園の真ん中あたりに「こどもの城」があります。

こどもの城
こどもの城。中にボール遊びや滑り台があります。

中にはボールが敷き詰めてあるスペースや、滑り台があります。

雨の日は見れない動物も多いし歩くのも大変・・。しかし、こどもの城は屋内施設なので安心です^^。

ウチは急な雨が降るとこちらに逃げ込む事が多いです^^。こどもの城は別料金の施設ですが、小学生以上は100円で入場できますよ〜!

特別イベント(どうぶつ神社)

ウチが「どうぶつ神社」という催し物が行われていました。

こども動物自然公園のどうぶつ神社
どうぶつ神社。絵馬などもあります。

こどもが作った「おみくじ」や「絵馬」が置かれています。

ウチもお賽銭してきました!

お賽銭
お賽銭。龍の下にあります^^。

定期的にこのようなイベントが行われているのも楽しいですね!

レストランは少ない

東園にある「ガゼボ」というレストラン以外は売店やカフェなので、食事らしい食事はなかったと思います。

こどもどうぶつ自然公園のレストラン
中央売店。レストランは少なめです。

多いのはポテトやクレープ、ソフトクリーム、フランクフルトなどです。

そのため、お昼時はガゼボに人が集中するため席につけないほど混雑する事が多いです。

お弁当などを持参して、ピクニック広場で食べるのがいいと思います。

施設詳細

施設名こども動物自然公園
住所〒355-0065
埼玉県東松山市大字岩殿554
電話番号0493-35-1234
営業時間9:30~16:30
定休日月曜日
駐車場の有無○(駐車料金は1日600円
公式サイト埼玉県こども動物自然公園

まとめ

かなり広大な敷地にたくさんの動物たち。

そして、子供たちが遊べるスペースもたくさんある「こども動物自然公園」。

川越周辺で動物園を探している方におすすめです!

川越周辺には「智光山公園こども動物園」もあります。こちらは小規模な動物園。あまり時間がかからず見終える事ができます。

一方、「埼玉県こども動物自然公園」はかなり大規模!一日では周りきれないほど大きいです。かなり体力を使います。

小さい動物園か、大きい動物園か。どれくらい体力を使えるかで、行く動物園を決めるといいと思います^^。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEB制作・映像制作やってます。JIMOHACK川越編集長のなかさんです。地元川越の良いところをたくさんの方に知ってもらう活動をしています。地域貢献頑張ります!

コメント

コメントする

目次
閉じる