ホームページをリニューアルしました!今後もより見やすいメディアを目指してまいります。今後もよろしくお願い致します!

【2020】小江戸川越七福神めぐりに行こう!頂ける御朱印や巡りコースを紹介

こんにちは、管理人のなかさんです。

前から気になっていた小江戸川越七福神巡りに挑戦してきました〜!

気になってはいたんです、でも中々足が出なくて・・・(汗)。2020年という「年」が僕の背中を押してくれました( ̄▽ ̄)。

先に七福神めぐりで「どれだけ歩いたのか」を紹介しますね!川越駅に帰ってきた時、「歩数・距離」を見たところこんな感じになっていました。

小江戸七福神の歩数と歩行距離

時間は約4時間、歩行距離12.2km・歩数17,067歩。程よい疲れ加減です。達成感がありますね・・!

秩父34ヶ所巡りほど無理な距離ではなく、1日で巡るにはちょうどいい距離だと思います。

「気持ちを入れ替えたい・新しいことを始めたい・開運したい・いい人とのご縁が欲しい…」こんな方は、川越七福神巡りをしてみると新しい何かが見つかるかもしれませんよ!

この記事ではこんなことがわかります。

  • 川越七福神巡りコース・マップ
  • 川越七福神巡りの雰囲気
  • 七福神を祀る、七つの神社
  • 各神社の御朱印・スタンプ・色紙

ぜひこの記事を参考にしていただき、小江戸川越七福神巡りに挑戦していただければ幸いです。

目次

小江戸川越七福神とは?歴史を紹介

小江戸川越七福神とは?歴史を紹介

川越は「江戸の母」と言われています。

川越の地は徳川家康公にゆかりが深く、江戸(東京)に対して小さい江戸(川越)ということで「小江戸」という名前がついたんです。

江戸時代には七福神を巡ることで無病息災・家内安全などのご利益があると言われ、寺社巡りをする方が多くいました。そのため小江戸である川越にも七福神を祀る寺社ができたんだそうです(諸説あり)。

七福神を祀っている寺社と七福神の関係はこちらです!

寺社と七福神
  • 妙善寺・・毘沙門天
  • 天念寺・・寿老人
  • 喜多院・・大黒天
  • 成田山・・恵比寿天
  • 蓮馨寺・・福禄寿神
  • 見立寺・・布袋尊
  • 妙昌寺・・弁財天

どんな七福神を祀っているか知ってから参拝することで、参拝の気持ちが違います。ぜひ知っておきましょう!

七福神巡りは縁日に行います

七福神巡りは縁日に行います

七福神の縁日は毎月1日です(1月のみ1~7日)

私はこれを知らないで月末に行ってしまい、恥ずかしい思いをしたことがあります・・(汗)。

縁日以外に行くと七福神の色紙やスタンプなどを用意していないことが多いので、小江戸七福神巡りは縁日に行いましょ〜!!

川越七福神めぐりはバス利用も便利

川越には小江戸巡回バスがあります。

1日500円で乗り降り自由!川越観光案内所で購入できますよ〜。

1日12kmは厳しい・・という方は、小江戸巡回バス1日フリー乗車券がおすすめです!

小江戸巡回バスはこちら

寺社詳細の欄に「小江戸巡回バスの最寄りバス停名」を載せていますので、こちらも参考にしてください!

川越七福神めぐりの事前準備・知識

七福神巡り前に用意しておくと良いものが5つあります。

七福神巡り前の事前準備・知識
  1. マップ・地図
  2. 100円玉
  3. 記念スタンプ用紙
  4. 御朱印帳
  5. 写真撮影は後で行う

1.マップ・地図(巡りコースがわかる!)

マップ・地図は川越駅・本川越駅内にある「観光案内所」にあります。

小江戸川越七福神巡りのマップ・地図はこちらです。

川越七福神めぐりのマップ
川越七福神めぐりのマップ(おもて面)
川越七福神めぐりのマップ
川越七福神めぐりのマップ(裏面)

七福神の紹介や、巡りルートがわかります!

川越七福神巡りは10km近く歩きますが、こちらを見て回れば問題なく回れるはずです^^。

2.100円玉(お賽銭や御朱印をいただく際に使います)

七福神を巡る際には100円玉をたくさん用意しておきましょう!

私はこんな感じで用意しています。3,000円分くらい用意しておきました。

川越七福神巡りに100円玉を用意しておくと便利
用意した100円玉。3,000円分くらいです。

寺社では両替ができないので、事前に100円玉を用意しておくとお賽銭に便利です!

また、御朱印などをいただく際は「購入するもの」ではなく、「納めるもの」なのでお釣り銭という考えはないんです(お釣りが出たら、ちゃんと渡してくれるので安心してください^^)。

100円玉を用意しておくと「この方わかってるな・・」と、気持ちよく受け取っていただけるので用意しておくといいですよ〜。

3.記念スタンプ用紙

川越七福神には「記念スタンプ用紙」が用意されています。

記念スタンプ用紙
回るごとにスタンプが埋まっていくのが楽しいですよ〜!

スタンプを利用するには「事前のプリントアウト」が必要なので、用意しておきましょう^^。

こちらでプリントアウトできます。

記念スタンプ用紙はこちら

4.御朱印帳(色紙や絵馬は妙善寺でいただけます)

寺社の御朱印をいただく場合、御朱印帳が必要です(川越七福神用の御朱印は書き置きなので、御朱印帳は必要ありません)。

最初に巡る「妙善寺」にも御朱印帳が置いていますが、普段通っている寺社の御朱印帳がいいと思います。御朱印を集める方は事前に用意しておくといいです^^。

ちなみにですが、私は普段通わせていただている川越氷川神社の御朱印帳を利用しています。

御朱印帳
御朱印帳は普段通っている神社のものがいいと思います。

また、川越七福神の「絵馬や色紙」を利用する場合、寺社1つ目の妙善寺でいただけますので用意しなくて大丈夫です!

5.写真撮影は参拝の後で行う

寺社についたら、まずは訪問したことを挨拶(参拝)しに行きましょう!

知人がお家に来て、挨拶なく家の中をウロウロされたら嫌だと思います(汗)。

いきなり撮影を始めることはこれと同じことなので、「まずは参拝を済ましてから」撮影・おみくじ・御朱印・スタンプなどを行います。

また、お寺では神社の「二礼・二拝・一礼」はなく、「合唱のみ」なのも知っておくと便利です^^。

小江戸川越七福神めぐり開始!

今回は川越駅から出発します。開始はちょうど9時!

小江戸川越七福神めぐり開始
ちょっと過ぎてますが、9時としておきます(汗)。

まずは、毘沙門天を祀る「妙善寺」に向かいます!

1.妙善寺(毘沙門天)

川越駅から妙善寺までのコース

川越駅の東口にある「川越マイン」の脇の階段を降り、右方向に進みます。

川越駅から妙善寺む向かうコース
この階段を降りてください。降りたら、右方向です!

少し進むと「タイムズ24駐車場」があるので、こちらを左折します。

妙善寺前のタイムズ24
タイムズ24を左折してすぐの場所に妙善寺があります。

左折してすぐの場所に妙善寺があります。

妙善寺に到着

妙善寺

まずは参拝を済ましてから、御朱印などをいただきます。

妙善寺にあるスタンプはこちら!

妙善寺の七福神スタンプ
スタンプ一個目ゲット!

川越七福神めぐりはスタンプの他に「色紙と絵馬」があります。

妙善寺は七福神の1つ目なので、色紙や絵馬が用意されています!

川越七福神の色紙
色紙は1枚300円。一印が100円です。
川越七福神の絵馬(宝船)
川越七福神の絵馬(宝船)。絵馬(宝船)が900円。御分体が300円です。

色紙は各寺社の印を集めるもの。絵馬(宝船)は、各寺社の御分体を集めて完成します。

私は御朱印集めが趣味なので、七福神の御朱印をいただきました〜!

妙善寺(毘沙門天)の七福神御朱印
炎のような御朱印。強そう!

川越七福神の御朱印は1枚200円です(書き置きのみ)。ありがたくいただきます・・。

川越七福神を祀る寺社には「水琴窟」という、癒しの音を奏でるものがあります。こちらも見て回って癒されてください〜!

妙善寺の水琴窟
妙善寺の水琴窟。癒されます^^。

他に、川越さつまいも地蔵尊も見どころです。

妙善寺の参拝が終わったら、天然寺に向かいましょう!

妙善寺の詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

寺社詳細

寺社名妙善寺
住所〒350-0046
埼玉県川越市菅原町9−6
電話番号049-222-7559
駐車場の有無×
最寄りの巡回バス停なし。川越駅から歩くのが近い。
公式サイトなし

2.天然寺(寿老人)

妙善寺から天然寺までのコース

天然寺は国道16号線沿いにあるので、まずは国道を目指します。

天然寺までのコース。まずは国道16号線に出る
まず、国道16号線を目指します。

国道16号線に出たら、ひたすらまっすぐ進みます。

天然寺までのコース、16号線
国道16号線に出たら、ひたすらまっすぐ進む。

16号線を進むと天然寺の看板が見えてくるので到着です!

天然寺(寿老人)に到着!

天然寺(寿老人)
とっても綺麗なお寺・・・。

いつも16号線を使っているのですが、こんなに立派なお寺があるとは知りませんでした・・(汗)。

拝観を済ました後、寺内を見て回ります。

寿老人
七福神の寿老人へ参拝。
天然寺の池
天然寺の池。鯉がたくさんいます。縁起がいいですね!
天然寺の水琴窟
綺麗な音が流れます。癒されます〜^^。

最後に、スタンプと御朱印をいただいき天然寺の参拝終了です。

七福神の二つ目。寿老人のスタンプ
七福神の二つ目。寿老人のスタンプゲット!
天然寺でいただける寿老人の御朱印
寿老人の御朱印。鹿の朱印がいい!ご利益ありそうです・・^^。

天然寺の詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

寺社詳細

寺社名天然寺
住所〒350-0034
埼玉県川越市仙波町4丁目10−10
電話番号049-222-6151
駐車場の有無
最寄りの巡回バス停なし。妙善寺から歩くのが近い。
公式サイト天然寺

3.喜多院(大黒天)

天然寺から喜多院へのコース

天然寺を出たら、近くに走る新河岸川沿いに北に進みます。

天然寺を出たら、新河岸川沿いに進む

そこから、北西方向(川越第一中学校方向)に進んでください。川越第一中学校の西側の道を北に進みます。

川越市立第一中学校の西側を北に進む

川越第一中学校沿いに北に進むと、中院があります。中院は島崎藤村ゆかりのお寺

喜多院に向かう途中に寄るのもおすすめです^^。

中院
中院。とっても綺麗にされているお寺。すがすがしい気持ちになります。

また、中院を通り過ぎると仙波東照宮も通ります。こちらは徳川家康公ゆかりの神社です。

仙波東照宮
仙波東照宮。大きな山門が荘厳です・・!

このまま道なりに進むと喜多院が見えてきます。

喜多院に到着!

喜多院
喜多院は川越七福神の中でも最も大きなお寺です。

喜多院は川越七福神の中でも最も大きなお寺です。広いです!!

参拝を終えたら、中を散策してみましょう!

喜多院の大黒天の社は本堂を正面に見て右側にあります。

喜多院大黒天の社
大黒天の社。立派な建物です。
大黒天のスタンプ
大黒天のスタンプゲット!
大黒天の御朱印
非常に立派な大黒様です・・!

喜多院は、他にも見所が多くあります。

喜多院の五百羅漢
五百羅漢。様々な顔をしており、見ているだけで楽しい^^。

喜多院といったらだるま!1月の3日にはだるま市が行われ、非常に混み合います。

喜多院のだるま
喜多院といったらだるま!

喜多院の参拝を終えたら、成田山に向かいます。

喜多院の詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

寺社詳細

寺社名川越大師 喜多院
住所〒350-0036
埼玉県川越市小仙波町1丁目20−1
電話番号049-222-0859
駐車場の有無
最寄りの巡回バス停喜多院(E5)
公式サイト川越大師 喜多院

4.成田山(恵比寿天)

喜多院から成田山へのコース

成田山は喜多院のすぐ北側にあります。

喜多院の北側の出口を出て、道なりに進むとすぐです!

喜多院から成田山へのコース
喜多院を出て1分くらいで成田山に到着します!

成田山に到着

成田山(恵比寿天)
成田山。交通安全祈願が有名なお寺です。

成田山は不動明王でも有名ですね!

本堂の参拝が終わったら、向かって右手に七福神(恵比寿天)を祀る社があります。

恵比寿天の社
恵比寿天の社。福がありそう・・!

参拝を終えたら、本堂左側でスタンプや御朱印をいただきます。

恵比寿天のスタンプ
恵比寿天のスタンプゲット!4つ目です^^。
恵比寿天の御朱印
恵比寿天の御朱印。守ってくれそうな力強さを感じます。

成田山には「出世稲荷」があり開運成就や家内安全のご利益をいただけます。

また、山門脇には甘酒茶屋があり、開運うどんが食べれます。

川越七福神めぐりも半分過ぎたあたりなので、腹ごしらえするのもいいですね!

成田山の開運うどん
成田山の開運うどん。腹ごしらえにぴったり!

成田山の参拝を終えたら、蓮馨寺に向かいましょう。

成田山川越別院はこちらの記事で詳しく紹介しています。

寺社詳細

寺社名成田山川越別院(本行院)
住所〒350-0055
埼玉県川越市久保町9−2
電話番号049-222-0173
駐車場の有無
最寄りの巡回バス停喜多院(E5)
公式サイト成田山川越別院

5.蓮馨寺(福禄寿神)

成田山から蓮馨寺へのコース

成田山から蓮馨寺へは、成田山前の国道15号線をまっすぐ進み連雀町交差点を右折します。

成田山前の国道15号線
国道15号線。この道をまっすぐ進みます。
蓮馨寺前の風景
蓮馨寺前の風景。連雀町交差点を曲がるとこちらにつきます。

途中に熊野神社があるので、こちらに寄ってもいいですね!

熊野神社
熊野神社。熊手が有名な神社です。
熊野神社の銭洗弁財天
熊野神社の銭洗弁財天。お金を洗い清めてくれます。

蓮馨寺に到着

蓮馨寺
蓮馨寺は川越の観光地のど真ん中にあります。

川越の観光地である「蔵造りの町並み」「菓子屋横丁」に近いので、非常に混み合っています。

子育てにご利益があると言われる「呑龍上人」が有名なお寺です^^。

参拝を終えたら、本堂右手の七福神の社(福禄寿神)へ向かいましょう。

蓮馨寺の七福神スタンプ
福禄寿神のスタンプゲット!5つ目ですね。あともう少し・・!

御朱印もいただきました!

福禄寿神の御朱印
福禄寿神の御朱印。雰囲気ありますね・・!

蓮馨寺に伺った時は、猿回しが行われてましたよ〜。

縁日(毎月1日・1/1~7)は、このような催し物が行われることが多いです^^。

蓮馨寺の猿回し
蓮馨寺の猿回し。縁日ではこのようなイベントが行われます。

蓮馨寺を参拝し終わったら、見立寺に向かいます。

寺社詳細

寺社名蓮馨寺
住所〒350-0066
埼玉県川越市連雀町7−1
電話番号049-222-0043
駐車場の有無×
最寄りの巡回バス停蔵の街(E14)
公式サイト蓮馨寺

6.見立寺(布袋尊)

蓮馨寺から見立寺へのコース

蓮馨寺から見立寺へは、菓子屋横丁を通って行きます。

菓子屋横丁は川越観光の中心なので、食べ物がたくさんありますよ〜!

例えば恋ソフト。時の鐘の隣にあります。

恋ソフト
頭に乗ったハートのモナカが可愛い^^。

川越はさつまいもが有名なので、芋チップスもおすすめです!

芋チップスのプレーン
芋チップス。さつまいもの味がしっかり残っています。

食べながらの川越七福神めぐりも楽しいです^^。

おすすめの食べ歩きはグルメはこちらにまとめているので、ぜひ参考にどうぞ!

川越観光のおすすめ食べ歩きグルメ16選!はこちら

また、休憩に「カフェ」で一休みするのもおすすめ!こちらに川越のカフェ情報をまとめています。

川越のおすすめカフェ25店を写真を使って紹介!

蔵造りの町並みを堪能したら、見立寺に向かいます。蔵造りの町並みの端である「札の辻交差点」を左折します。

蓮馨寺から見立寺へは札の辻交差点を左折する
札の辻交差点を左折します。

少し歩くと菓子屋横丁が見えてきます。

こちらも越えて少し歩くと、新河岸川があるのでこちらを左折します。

新河岸川を左折してすぐに見立寺
新河岸川を左折すると見立寺です。

左折して少し歩くと見立寺があります。

見立寺に到着

見立寺(布袋尊)

見立寺に御朱印をお願いする場合は参拝前にお願いし、参拝を終えた頃には書き終え、すぐにいただけるよう配慮していただけるお寺です。

御朱印をいただく場合は、まず御朱印をお渡ししてから参拝します。

見立寺
見立寺。立派なお寺です・・!

本堂の右側に、布袋尊の社があります。

布袋尊の社
布袋尊の社。布袋尊が前で出迎えてくれます。
法然さまの像
法然さまの像。旅立つ時のお姿・・!
見立寺の水琴窟
見立寺の水琴窟。耳を傾けると優しい音色がします^^。

一通り寺内を参拝し終わったら、御朱印所へ戻ります。

御朱印の書き上げを待たなくて良いので、配慮がありがたい!

布袋尊のスタンプ
布袋尊のスタンプゲット!あと一つ!!
布袋尊の御朱印
布袋尊の御朱印。笑っている布袋尊のイメージとは違い硬い感じがします。

見立寺の参拝を終えたら、最後のお寺「妙昌寺」へ向かいましょう。

寺社詳細

寺社名見立寺
住所〒350-0062
埼玉県川越市元町2丁目9−11
電話番号049-222-3321
駐車場の有無×
最寄りの巡回バス停菓子屋横丁(E15)
公式サイトなし

7.妙昌寺(弁財天)

見立寺から妙昌寺へのコース

見立寺から妙昌寺へは、南西方向に進みます。

見立寺を出たら左に出て新河岸川沿いに歩きます。一つ目の交差点を左折します。

見立寺を出て一つ目を左折
もっと館を左折します。

その後、二つ目の信号を右折します。

二つ目の信号を右折
二つ目の信号を右折します。

すると左手に妙昌寺が見えてきます。

妙昌寺に到着

妙昌寺の山門
妙昌寺の山門。立派ですね!

奥に進むと本堂があります。

妙昌寺の本堂
妙昌寺の本堂。非常に大きくて綺麗ですね〜。

中は綺麗に手入れがされていて、清々しい気持ちになります^^。

本堂の参拝を終えたら、左手の坂を下ると弁財天の社があります。

弁財天の社
弁財天を祀るの社。

参拝を終えたら、隣に御朱印所があるのでいただく方はもらってください^^。

弁財天のスタンプ
弁財天のスタンプゲット。全部制覇!
弁財天の御朱印
弁財天の御朱印。布袋尊と似た形の御朱印ですね。

御朱印所の裏には水琴窟があります。こちらも綺麗な音色が聞けますよ!

妙昌寺の水琴窟
妙昌寺の水琴窟。

寺社詳細

寺社名妙昌寺
住所〒350-0067
埼玉県川越市三光町29
電話番号049-222-2414
駐車場の有無
最寄りの巡回バス停なし。見立寺から歩くのが近いです。
公式サイトなし

これで川越七福神めぐり全制覇です!

達成感がありますね!今年はいいことがありそうです^^。

まとめ

川越七福神めぐりを終えて川越駅に着いた時、時間は13時30分でした。

途中写真を撮ったり、食事をしたりして約4時間40分の旅でした〜!歩行距離は約12km。

七福神は他の地域にもありますが、川越七福神めぐりは全ての寺社が歩いて回れる距離にあるのがいいですね。人もそれほど混雑しないのもいい!

普段生活をしていると、テレビを見たりスマホをいじったり・・。自分と対話する機会は中々ないと思います。

七福神めぐりをしていると、次の七福神へ向かう間「こんなことしたい・こんな自分になりたい・・・」と、何を願おうか考えると思います。じっくり自分と対話しながら歩けるいい機会になると思います。

川越七福神は毎月1日と、1月1~7日に開催しています。この記事を見て「やってみようかな」と感じていただけたら、ぜひ挑戦してみてください!何かのいいきっかけになったら嬉しいです^^。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEB制作・映像制作やってます。JIMOHACK川越編集長のなかさんです。地元川越の良いところをたくさんの方に知ってもらう活動をしています。地域貢献頑張ります!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは、川越七福神ノお寺には全て、”水琴窟”があるですよ!
    写真が無かったので、気が付いていませんでしたか?
    御存知なかったら、今度は水琴窟の音色をお楽しみ下さい。

    • そうなのですね!
      それぞれの水琴窟の音を聴き比べて歩くのも楽しそうですね^^。

      また巡ろうかと思っているので、その時は写真撮って追加しておきます。情報ありがとうございます!

コメントする

目次
閉じる