ホームページをリニューアルしました!今後もより見やすいメディアを目指してまいります。今後もよろしくお願い致します!

川越の美味しいうなぎが食べれるおすすめ8店を紹介!地元民に愛される穴場店まであり

どうも、編集長のなかさんです。

川越と言えば「さつまいも」と「うなぎ」!特にうなぎ屋は激戦区で、全国から川越にうなぎを食べに来る方がいるほど。

今回はそんな川越の厳選うなぎ屋を8店紹介します。

観光地である蔵造りの町並み付近にあるうなぎ屋から、地元民に愛される穴場的名店まであります。この記事を見ていただければ「今日うなぎ食べに行こう!」となるはず!!

目次

1.いちのや 川越本店・アトレ店

川越アトレ店と、国道15号線沿いに本店がある「いちのや」。

いちのや

川越本店は天保3年からある名店歴史を感じながらも、綺麗な店内でうなぎをいただけます。

ボリュームがありながらも、骨をほとんど感じない絶品うなぎ!

うな重だけでなく、うな丼・ひつまぶし・白焼・肝吸いなどが味わえます。

川越で一番と言っていいほどの有名店で、土日は行列ができることが多いです。特に、喜多院のだるま市などの催事のある日は特に混雑します。

店舗写真ではなく、この裏手(駐車場側)が入り口になっています。そちらに名前を記帳する冊子があるので、着いたらそちらに回るようにしましょう!

人気のうな重は3,200円から。うな重(菊)が3,950円、特性(大)が5,950円です。お土産としても利用できます。

店舗詳細(川越本店)

店名川越いちのや
住所〒350-0056
埼玉県川越市松江町1丁目18−10
電話番号049-222-0354
営業時間11:00~21:00
定休日なし
駐車場の有無
公式サイトうなぎの老舗「いちのや」

2.小川菊(おがきく)

川越観光のメインストリートである蔵造りの町並みから一本裏の「大正浪漫通り」に小川菊があります。

小川菊

いちのやと同じく歴史あるうなぎ店で、創業は文化4年(1807年)。その頃からの味を守り続けています。

「都市景観重要建築物等」に指定されている建物で食べるうなぎは絶品!

この投稿をInstagramで見る

Mi(@miramiimiilii)がシェアした投稿

いちのやと同じく有名店なので、土日は非常に混み合います。11時開店で、その時点ですでに一時間待ちということも・・・。

しかしさすが小川菊で、受付システムが素晴らしい!受付すると二次元バーコード月の受付票が発行されて、それを見てある程度の待ち時間がわかるようになりました!(Airwait)

先に受付を済ましてから、観光に回るのがおすすめです!

うな重は3,350円から。他にうな丼・鶏蒲三食・白焼き・きも焼き・骨せんなども楽しめますよ!!

店舗詳細

店名うなぎ 小川菊
住所〒350-0065
埼玉県川越市仲町3−22
電話番号049-222-0034
営業時間ランチ 11:00~14:00
ディナー 16:30~19:00
定休日木曜日
駐車場の有無×
公式サイト小川菊(おがきく)

3.小川藤(おがとう)

小川藤

国道51号線(いちのやと同じ道路)沿いに小川藤があります。

創業は大正12年(1923年)。それからの味をずっと守り続けている名店!

炭火で焼いており、炭火が香る・骨をほとんど感じないうなぎ。

この投稿をInstagramで見る

@stone_shun_ramenがシェアした投稿

こだわりのうなぎを提供してくれるのですが、他店に比べて値段も安いのが嬉しい!

うな重が2,300円から注文可能です。うな丼(小)は1,100円、うな丼(並)は1,900円というコスパの良さ。

学生さんでも入りやすいうなぎ店です。

店舗詳細

店名小川藤(おがとう)
住所〒350-0056
埼玉県川越市松江町2丁目3−1
電話番号049-222-0643
営業時間11:30~15:00
定休日火曜日
駐車場の有無○(店舗前のコインパーキング。一時間無料のコインをいただける)
公式サイト川越うなぎ 小川藤

4.林屋

大正浪漫通りの突き当たりに、林屋があります。

林屋

2010年から営業をしている鰻店で、栃木県の鮮魚店「林屋」の川越店になります。

鮮魚に強い林屋が厳選した国産うなぎを提供してくれます。

お店の近くを通ると、タレのいい香りが漂ってきます・・・^^。

この投稿をInstagramで見る

Katsuya Tsukizawa(@katsuya.tsukizawa)がシェアした投稿

鮮魚の林屋だからこそ素材に絶対の自信を持っており、白焼きも食べれます。

定食も置いているので、うなぎが苦手な方と一緒に来店できるのもいいですね!

店舗詳細

店名お食事処林屋
住所〒350-0065
埼玉県川越市仲町2−4
電話番号049-226-3058
営業時間11:00~18:00
定休日なし
駐車場の有無×
公式サイト林屋

5.うなっ子

菓子屋横丁を進んだところにうなっ子があります。

大きなカエルの置物があるので、とっても目立ちます^^。

うなっ子

うなっ子は「いも重」が有名

うどんの下に「さつまいもご飯」が敷き詰めてあるんです!

この投稿をInstagramで見る

越川 裕太(@yuta_koshikawa)がシェアした投稿

タレントのタカトシさんがテレビで紹介していたのが「うなっ子」です。うなぎと芋の甘みが絶品なんです^^。

いも重は2,250円、上いも重は2,750円。うな重は2,500円、上うな重は3,500円です。

肝焼きやかぶと焼きも置いてます。川越水上公園近くには姉妹店である「いも膳」があります。

店舗詳細

店名うなっ子
住所〒350-0062
埼玉県川越市元町2丁目10−6
電話番号049-228-0567
営業時間11:00~15:00
定休日火曜日
駐車場の有無×
公式サイトうなっ子

6.東屋

東屋

喜多院と成田山の間の通りに東屋があります。

喜多院と成田山は川越七福神を祀る寺社です。参拝途中の休憩として利用するのもいいですね!

庭付きの古民家で雰囲気抜群!

この投稿をInstagramで見る

waka_beans(@waka_beans)がシェアした投稿

川越のうなぎの中でも超有名店で、土日は予約でいっぱいなことも・・。予約をしてからの訪問をおすすめします。

食べている最中に、喜多院の「ゴーン」という聞こえる鐘の音も味を高めてくれます^^。

うな重は3,400円から。上が4,200円、特うな重は4,700円です。他に、蒲焼き・うな丼・白焼き・きも煮があります。

店舗詳細

店名東屋
住所〒350-0035
埼玉県川越市西小仙波町1丁目16−1
電話番号049-222-0757
営業時間ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~19:30
定休日なし
駐車場の有無
公式サイトなし

7.ぽんぽこ亭

川越街道沿いにあるぽんぽこ亭。最寄りの駅は新河岸駅になります。

「ぽんぽこ」という名の通り、たぬきの置物が目立つお店です。

川越中心街に比べてお手頃な値段で、ふんわりとしたうなぎを楽しめます!

この投稿をInstagramで見る

✩ ゆあかな ✩⋆**(@u_aa2008)がシェアした投稿

広い駐車場がありますが、満杯で停め待ちができるほど人が絶えないうなぎ店です。観光地とは離れているので、地元の方に愛されている穴場的お店ですね!

うな重は1,800円。上うな重が3,150円、特上が4,600円。ひつまぶしもおすすめ!

他に蒲焼き、肝焼き、かぶと焼き、ひれ焼き、レバー焼もあります^^。うなぎ骨の唐揚げのお土産」が実は人気です・・!

店舗詳細

店名ぽんぽこ亭
住所〒350-1142
埼玉県川越市大字藤間151−7
電話番号049-243-5450
営業時間11:00~20:45
定休日なし
駐車場の有無
公式サイトぽんぽこ亭

8.うな吉

川越の市街地から離れた川越栗橋線に「うな吉」があります。

市街地から離れているので、他店ほどの混雑がないのがいいですね!

甘くて濃いめのタレが特徴。

この投稿をInstagramで見る

松本 拓馬(@takuma_matsumoto_)がシェアした投稿

ご飯がどんどん進みます・・^^。

うな重の他に焼き鳥や刺身もあります。濃いめのうなぎを探している方にぴったりですよ!

店舗詳細

店名うな吉
住所〒350-0838
埼玉県川越市宮元町35−1
電話番号049-224-4588
営業時間11:00~21:30
定休日水曜日
駐車場の有無
公式サイトなし

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEB制作・映像制作やってます。JIMOHACK川越編集長のなかさんです。地元川越の良いところをたくさんの方に知ってもらう活動をしています。地域貢献頑張ります!

コメント

コメントする

目次
閉じる